ブックタイトルほんもののたたみ | 畳屋道場

ページ
28/32

このページは ほんもののたたみ 畳屋道場 の電子ブックに掲載されている28ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

畳屋道場は「ほんもののたたみ」をお届けします。

28対談国産畳の魅力、本物の素材と建築の関係。光嶋裕介(建築家)鏡芳昭(鏡畳店4代目店主)この対談は、一関市のジャズ喫茶ベイシーで行われました。光嶋さんが師事した先生は、建築家で早稲田大学教授の石山修武さんでした。マスター菅原正二さんは同大出身で、石山教授とは旧知の仲。光嶋さんは石山研究室時代、教授からベイシーの話を幾度となく聞かされ、「いつかはベイシー」との思いを抱いていたといいます。今回、念願かなってベイシーにやってきた光嶋さん。鏡さんと国産畳の魅力や本物の素材と建築の関係など、縦横無尽に語り合いました。|||||||||||||||