ブックタイトルほんもののたたみ | 畳屋道場

ページ
4/32

このページは ほんもののたたみ 畳屋道場 の電子ブックに掲載されている4ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

畳屋道場は「ほんもののたたみ」をお届けします。

4「日本のい草農家がなくなると日本の畳文化もなくなる。」い草の産地、熊本を訪ねてそう直感した。私たち日本人は、美しさと機能性を兼ね備えた伝統の国産畳を、先祖から受け継いできました。しかし、時代の進展とともに自らが、その価値に浴することを遠ざけてしまいました。住宅ブームや価格競争がもたらした安価な輸入畳を受け入れ、さらには生活様式の欧米化に流され、畳スペースを狭めてきてしまったのです。私たち畳屋は、畳文化が失われていくことに危機を抱き、初心に立ち返ってみました。すると、畳業界にありながら複雑な流通制度のために、国産畳表の本当の良さや生産現場を知らずにいたことに気づいたのです。熊本県八代市のい草産地を訪ねてみると、危惧していた以上に、そこは深刻な状況にありました。私たちは初めてい草農家の方々と情報を交換し、本音で話し合いました。い草の栽培から畳表を織り上げるまでの、高い技術とこだわり、そして情熱。重労働の末に生まれる、高品質の畳の素晴らしさ…。私たちは、国産畳表を守ることを使命と受け止め、「畳屋道場」を新たに組織しました。産地研修で学び、流通改革に努め、安全と品質にこだわった本物の国産畳を、より多くのお客さまに伝え広めていくために…。